跳慮跋考

興味も思考も行先不明

心身二元論では私が困る

私は基本的に決定論者だが、物理世界とは隔絶した「魂」とでも言うべきものが意思決定に関わっている可能性も無くはないと思っている。ただそれでは掌上の人工知能を作りたい身としては困るのだ。

量子世界の心身二元論

古典力学のスケールで見れば世界は決定的であり、未来はどこまでも予測できる。賽の目すらもその位置、初速、形状、空気の流れ等々を十分正確に計測できれば計算ができる。(正確な計測には相応の空間コストが掛かるので、本当に十分広い範囲について正確な計測が可能かという疑問はある。)ただしこれは飽くまでも近似された世界だ。

一方で人間の行動を制御する脳は神経細胞で構成され、その動作は Na⁺ や K⁺ イオンの移動によって成り立っている。これらのイオンやイオンチャネルの挙動にそう大した量子的な確率性は無いかもしれないが、発火タイミングの微妙なズレが神経ネットワークのカオス性に増幅されて人間の巨視的な行動に影響を与えないとも限らない。

そうすると、この確率的な(と今までの観測では考えられている)ところに「外側」の世界からの干渉があるという考えも否定する事はできない。
科学的な立場からすれば、見かけ上確率的ならば確率的な事象として扱うべきであり、不必要な複雑さを導入するべきではない。(いわゆるオッカムの剃刀。ただ「科学的」の意味が自明であると考えるべきではない。過去記事参照)これは上記の議論が馬鹿げているという話ではなく、現在の科学の射程外にあると言っているのである。自然科学はいついかなる時も成り立つ理論を追い求めるのだから、訳の分からない「外側」は確率性の中に封じ込めるしかない。確かな知識を得る事の代償として見捨てられた領域はそれなりに大きい様にも思われる。

知能の構成可能性

とはいえ、知能を構築する為に本当に魂か何かが必要なのでは私が困る。「知能は明解で計算可能なモデル化が可能である」というのが私の信条であり、心身二元論の断絶が実在するとすればこれが事実ではなくなってしまう。

ついでに言えば、私はコネクショニストでもない。というか確かに基盤には神経回路があってその存在を意識すべきではあるのだが、個々の機能、特に高次のものは神経ネットワークよりもその機能自体に寄り添った方が簡潔なモデル化に繋がるのではないかと考えている。深層学習で知能的なブラックボックスを作っても理学的には面白くなくて、そういう扱いやすいモデルに落とし込んでこそなのだ。またモデルが複雑でなければ、それだけマシンパワーを要求せず、環境を選ばないで実行できる。AI 自身もその方が窮屈でないだろうし、何より自分の PC で実行できないソフトウェアに一体何の意味があるのか。

まぁそんな訳で、私は脳が科学人の信じる通りに純然たる物質機械である事を期待している。

全ての動機は生存に通ず

理性とは長期的な欲望充足の為の予測システムに過ぎない。

生存

動機、すなわち人間がある行動を何故するのか、というのは究極的には生存の為として説明できる。
いやこれは順序が逆で、かつて偶然にも自己増殖機能を持った有機構造体が生まれ、それが進化し分岐する中で、自己増殖機能を失わなかったものだけが今日も「生命」として存在しているだけの事だ。誰もが生存を「目指している」訳ではなく、そうしなかったものが消えていくに過ぎない。生存した者を見ているから生存の努力が普遍的にある様に錯覚する、言葉通り生存バイアスの一例と言えるだろう。
これに「普遍的ならば良い事の筈だ」とか「良い事を否定するのは悪い事だ」とかの迷信的な価値判断が組み合わせられると、「死のうとするのは悪い事だ」みたいな話になる。いやそれだけではなく共感による部分、つまり「相手を不快にさせるのは悪い事だ」といったより健全な原則による抑制もあって、こちらの方が強いと人は「死にたい」ではなく「消えたい」と言うのではないか。とにかくあまり安易に「生きて当然」などと考えるのは感心しない。

さて生存の話に戻ると、まず個体が存続する為に食物などの獲得が必要であり、また種が存続する為に生殖活動が必要となる。こうした行動においては特定の脳内物質が分泌され、それが生存に寄与する行為である事の指標になっている。要するに最も基本的な快感情というのは「生存に適う行動のマーカー」であり、欲望とはそのマーカーへの志向性、あるいはマーカーの行動を引き起こさせる性質そのものだ。大脳の内側の古いシステム、大脳辺縁系が生理的な快と欲望を司る。

パターン学習

「志向性」とはどういう事か。
生殖行為なり食事なり、最も直接的に生存へ寄与する行動にだけマーカーが付いていても意味がない。何をすればそれに辿り着けるかという道標が必要になる。
例えばレバーを押すと餌が出る箱にラットを入れる。ラットは初め無作為に動き回るが、偶然レバーを押し、直後に餌を獲得する(マーカーが働く)と、この時間的な隣接性を徐々に学習する。つまり、レバーを押す→餌を得る、というパターンを繰り返し体験する事で、餌の獲得を確実に引き起こすレバーを押す行為の方にもマーカーが付けられるのである(いわゆるオペラント学習)。この様なマーカー付けは主に扁桃体が担う。
偶然に経験が偏る事であまり役に立たないパターンを学習する可能性はあるが、基本的に最終的な快・不快(報酬と罰)を一緒に体験しないでいると学習されたマーカーは消失する。例外として非常に強い快・不快などにより過度な学習が起こると、長らくそれが消失せずに残る事もある(依存症や恐怖症)。

イメージ能力

更に発達すると、大脳新皮質においてイメージを基にしたシミュレーションが可能になる。
パターンの学習においては A→B という単純な対応関係にしか適応できなかったが、前頭前野における計画能力は更にその関係を連鎖させて、より先の出来事の予測を可能にする。言語による抽象的な思考は更に低コストで柔軟な予測を実現するが、この文脈ではイメージ能力の派生と見なしてよいだろう。
こうした能力が長期的に見てより有利な(いわゆる理性的な)行動を提案するのではあるが、「朝三暮四」と言われる様に必ずしも意思決定を支配する訳ではない。皮質下のより原始的なシステムの方が優先され、直接に知覚した場合よりもイメージのみではマーカーが作用しにくい様な傾向がある。直観的に言えば、元となる知覚情報を処理して思考する内に減衰・拡散らしき事が起きて、マーカーの行動を誘起する作用が弱まるという感じだろうか。
ただ学習されたパターンが(ボールドウィン効果のシナリオで)種に定着する様に、高次のイメージ能力によってしか生存と結びつかない体験でも、種が十分に長い間その推論の十分有効な環境に置かれればそのマーカーが定着する事は考えられる。例えば「集団内で地位の低い状態」の体験が直ちに生存に不利に働くという事は稀だが、長期的に見れば集団からの様々な恩恵が受けられず最終的には生存を難しくする。この「地位の低さ→生存に不利(な何かしらの出来事)」という関係は単純なパターン学習では習得できず、他人の心理を内心でモデル化して、それがどう変遷するかをシミュレーションしなければ認識されない。にもかかわらず人が「集団内での地位」といった抽象的なものに強いマーカーを付与している(何も考えずとも感覚的に不快と感じる)のは、その推論が実際に生存に大きく関わる社会的な環境で人間が長い間進化してきたからだろう。

動機の派生

こうした社会的適応を目的とするマーカーは最早本来の生存を目的とするマーカーと同等かそれ以上の力を持ち、この状況が時として人間に自殺などの生存に反する行動を取らせているものと思われる。それでも種全体としては高度な予測能力を有している方が生存に有利になるから、淘汰によって失われる事はない。
要するには高度な予測能力を持って長く進化してきた結果、生存から派生した動機(社会的なものなど)がその生存に匹敵するほどの力で行動を支配する様になった、という事だ。

感情と理性

大雑把にまとめれば、パターン学習までの能力が感情的システムであり、イメージ能力からが理性的システムという事になる。
よく感情と理性は全く別の対立するものとして語られるが、こうした観点からすると原則的には理性とは感情をむしろ補助するシステムであり、最終的な目標は一にしている。時に矛盾が起きるとはいえ、生命であるからにはあらゆる行動の大本に「生存」がある事を忘れるべきではない。

ハンターハンター蟻編の皮肉な多様性賛美について

私は蟻編を思い返す度に「なんて後ろ向きな多様性の肯定なんだ」と沁み沁み感じ入るのだが、意外とこの手の話が為されていない様なので、今更ながら書いてみようと思う。

まず蟻の進化戦略だが、これは端的に言うと徹底した全体主義である。全ての個体は王の為に存在し、種の発展の全てが王に収束する。人間の形質を取り込む事でいくらか綻びが生じた様ではあるものの、こうしたシステムは護衛軍の行動や王自身の言葉により十分に語られている。

一方で人間の場合、これは自由主義的と言えるだろう。人間に種の性質として「特別な個体」などというものは定められておらず、生き残るには力によって競争に打ち勝つしかない。「万人の万人に対する闘争」という奴だ。(まぁこれを自然状態とするのはホッブズ的発想で、ロックの様に法の下の平和こそ自然と考える向きもあるが)
単に個として己を高めるのではない。不倶戴天の敵同士が犇めいているからこそ、個々は理不尽とさえ言える情熱を注いででもその牙を研ぐのである。ただ、ネテロ個人においてはその競争は切磋琢磨という言葉が相応しい気持ちの良いものだったが、人間全体としては敵意・害意・悪意に満ち溢れたものである事も彼は十分に了解していた。
「俺は一人じゃねェ…」という言葉にはその清濁を併せ呑んだ会長としての立場が表れていると言えるだろう。

……個人的には悪意というよりも「恐れ」こそその本質ではないかという気がする。かのマンハッタン計画とて発端はナチス・ドイツ核武装に対する恐れだったのだ。(その辺りの心情を敵に吐露させている点で私はハガレンの『シャンバラを征く者』が大好きだ)

ともかく人間という種の進化には「収束点」など存在せず、互いに恐れ憎しみ、万策を以て敵を貶めようとする。そしてその悪意が、人間の感情の中でも最も苛烈かも知れないそれこそが、膨大なエネルギーを呼び覚まして進歩を生む。暗澹として底知れず、吐き気を催す様な無限の悪意は、決して遺伝子レベルで「絶対者」の存在が組み込まれた蟻には辿り着けない。
メルエムはコムギやネテロとの闘いを通して個の価値をある程度は認めるに至ったが、遂に「多様な個の有り様」から生じた競争の意義を認める事はなかった。もし理解していれば、人間は決して蟻という脅威を根絶やしにせずにはおれないと分かっただろうし、「何かがほんの少し違っただけで」という言葉も出なかったであろう。

多様性を持つが故の闘争と悪意こそが全体主義に勝る進歩を生む。この上ない後ろ向きな多様性肯定論ではあるが、人類の歴史を顧みるに説得力も一入と言わざるを得ない。
少年誌に何をぶち込んでんだという話ではあるが、作者の捻くれた視点が垣間見えて何とも面白い。

リベラルって何なんだ

時折「リベラル」を自称する人間が、異なる立場の人間に罵声を浴びせているのを目撃する。これはドナルド・トランプを全力で叩く米国のリベラルを見るに、日本だけの状況ではないらしい。

考えてみるとこれは奇妙な現象だ。辞書によればリベラリズムとは「自由主義」なのだが、それでは各人がどの様な思想を持つのも自由なのだから、何人に対しても「排除しよう」なんて発想にはならない筈だろう。

「自由」と言ったとき、人種だとかジェンダーだとかについてであればその主張は簡明だが、こと思想については次元が異なる。「思想は自由だ」という主張はそれ自体が思想であって、自由な思想の一つに過ぎなくなる。その自己言及性にあまり注意が払われていない、という事なのだろうか。

それとも「自由主義」という解釈を捨てるべきか。リベラリズムの源泉がどこにあるかと言えば、宗教的自由を追求した結果としての「寛容」と、近代理性が自信をつけた結果としての「啓蒙」であるらしい。

現代のリベラルも確かに啓蒙的と言えるだろう。理性によって蒙昧なる偏見を排する、という意志は確かに感じ取る事ができる。
そう、「排する」だ。
啓蒙思想にはある種の傲慢さ、大いなる知識を生み出した事による理性の自信過剰とでも言うべき心理がある。

啓蒙を突き詰めれば排他的思想に陥り、また寛容を突き詰めれば自由放任、ホッブス的自然状態になり兼ねない。何だ、リベラリズムとは根本的に矛盾しているのか? と言いたくなるかも知れないがそうではなく、両者のバランスを取る事が重要なのだろう。

しかしそのヨーロッパの培ったリベラリズムから寛容さが失われ、不遜な啓蒙思想が蘇ってしまった。それこそ現代における素朴な「リベラル」の本質なのではないか。

ではなぜリベラルは寛容さを失ったのか?
思うにそれは、リベラリズムが剰りにも普及し過ぎたからではないだろうか。教育といい論壇といい、社会全体がリベラリズムの価値を認める事で、あたかも絶対の価値観であるが如き地位を得てしまった。その大いなる普遍性が、近代における知識と同様にしてリベラルを増長させ、「不寛容なリベラル」を生ぜしめたと、そういう事なのではないか。

当然リベラル全体が不寛容になっている訳ではないと思いたいが、ポリコレだ何だで絶え間なく攻撃を繰り出すリベラルへの反発は既に無視できない規模になっている。(いやこの辺りは大分主観か?)Brexitドナルド・トランプどころではない揺り戻しが来るのではないか、という危惧も決して杞憂と片付ける事はできないだろう。

再びまどか☆マギカの話

実に二年振りだがそれはどうでもいい。
久し振りに『叛逆の物語』を観た。

前半の楽しく魔法少女をやっているところは、昔映画館やBD買ってから何度も観ていた時には「そうだね、理想の魔法少女だね」くらいで正直段々と漫然たる視聴態度になっていたのだが、時間が空いてみるとまあ何と象徴的で諧謔的で美しく素晴らしいことかと感心しきりだった。
こういう図像だ何だへの嗜好は殆ど劇団犬カレー両名によって植え付けられたと言って過言ではないと思う。(残りはエヴァンゲリオンだろう)

最後に観たときは杏子が顎から上のないほむらに手を添えるところが一番涙腺に来たけど今度はもう全体的にダメだった、OPからしてアニメ本編を思うとダメだ。初めから泣きそうになる。
まどかに手を取られた瞬間ほむらの顔がアップになるときの髪の細かさが堪らなく好きだ。まどかが結びかけた髪がほむらの決意と共に解けていく様子もよい。別に髪の話ではなくて、そこに滲み出る心の動静が。
戦闘も素晴らしい。動きが良いのは勿論だが時間停止による行動停止を狙うのと引き替えに銃の射程が制約を受けるのとか(それがベベを落とした時の時間停止能力の挙動で予告されているのとか、確かここが「時間停止時に止まっていてもその後ほむらが触れば動き出す」性質の初出だったと思う)、「急所」で恐らくソウルジェムではなく頭のことを言っているのとか、マミさんが戦闘経験の差を見せつけて先輩の面目躍如するのとか。
ほむらに相談されたときのめちゃくちゃ訝しみつつもその真剣さに応えたりゲーセンから必死に飛び出したり上に書いたシーンとかの杏子の義理堅さも良いし、知っているからこそ「同情したくもなる」なんて言ってくれるさやかも良い(ちょっと調子乗ってるけど)。

ほむらとまどかについてはもう何も言うことはない。公開当初に記事を書いたとき以上にこの物語に情熱と思考を注ぐことは(続編でもない限り)もうできないだろう。
寂しいけども、では他の何にならそれができるのか?

誰かが「オタクになったきっかけの作品がそいつの嗜好を決定する」と言っていたが本当にそうで(「オタク」なんて自分で名乗るものではないと思っているので面映ゆいが)、「ああこれが私だ」と、正確には私の求めるものだが、そういう気分になるばかりだった。
学習という奴でどうしても追体験を求めてしまうのだろう。
趣味の偏りというのは所謂「常同行動」の類縁だと解釈していた(大雑把で非科学的推論だ)私としてはこの話はかなり印象的だった。
私の趣味の話をもう少しすると『ハッピーシュガーライフ』とか『告白』とかそういうのが好きなのも明らかに影響の結果だろう。
これは人間関係に対してもそうで、「重い話ができるほど仲がいい」みたいな考えがある。(言葉にしてみるととんでもない偏りだ)

作品の面白さというのは非常に個人的なもので、目新しさというのは重要な要素だと思うのだが、これは当然人によって、その当人の経験によって全く異なる。
時代々々の流行り廃りというものがあるので時には大多数の人間に刺さるかもしれないが、それでも全てではない。
ただ私という一個人の人格、経験にとってこの物語は鮮烈に過ぎ、「これ以上」が現れることなんて全く想像の埒外としか言えない。
それでもその追体験か何かを求めて来期の番組表を見るのだが。

なぜ観たのかという話だが、それは今日が私の誕生日だったからだ。セキュリティの事情でこれは秘密だけれども。

共感、法、倫理――「なんで人を殺しちゃいけないの?」の真面目な話

「なんで人を殺しちゃいけないの?」
こんな質問は実際にする時点で多少ヤバいと思うが、だからと言って答えなくても良い訳ではない。では果たしてどう答えるべきだろうか。
例えば「法律で決まっているから」なんて答は最悪の部類だろう。これは「法律は殺人を禁じている」という事実を述べているだけで、ここには「何故法律に従わなければならないのか?」とか「何故そういう法律があるのか?」とか「法で禁じられていなかったらして良いのか?」といった疑問が依然残る。
「殺されるのは嫌だから」「その周りの人が悲しむから」というのは割と標準的な答ではなかろうか。通常の感性であれば「人の嫌な事はしない」のは当然だと思える。しかし、冒頭の質問は恐らく「通常の感性」に疑問を感じている人間からこそ発せられるものだ。果たしてそうした人々にも納得できる理由が存在するだろうか。
「『撃って良いのは撃たれる覚悟のある奴だけ』だから」はどうか。これは何も適当に引用した訳ではなく、社会契約説に基づけば「私は殺されたくない」から「人を殺すべきでない」が導かれるという意図を込めているのだが、詳細は法の話と合わせて後程議論したい。
差し当たっては二つ目の説明、特に「通常の感性」なるものについて話そう。

続きを読む

科学という宗教

「科学って何?」と訊かれたら「二度ある事は三度ある教」と答える、そんな私の科学観の話。

続きを読む